催しアラカルトに戻る


        2019田んぼアートあれこれ

ウチノメ屋敷 レンズの目 自然の表情 暮らしの表情 ウチノメアーカイブス
岩手の鍾乳洞 岩手の蘇民祭 ほっづぎある記 心のオアシス
ドキュメント マクロの目 江刺ふるさと探訪記  

location:uchinome.jpトップ>暮らしの表情>催しアラカルト>2019田んぼアートあれこれ


 サイトマップ


JR東北線と八幡田んぼアートの雪わたりです。  
2019田んぼアートあれこれ・・・

毎年のことですが、7月から8月にかけて周辺の田んぼの稲の成長を見るにつけ、もうこんな時期になったのかなあと時間の経過を感じ来ることがあります。毎回同じ事を書いていますが、私の場合は身近な隣接市町村の田んぼアートの撮影で精一杯の現状です。もっとあちこちと思いつつも、岩手県の場合はこの三ヵ所が安定して話題を提供してくれるからです。

今年も同様に、地元奥州市のアテルイ田んぼアート、藤原文化話題一杯の平泉町長島地区ライスアート、そして、花巻市石鳥谷町の宮沢賢治童話に題材を求めた八幡地区田んぼアートの三ヵ所をまとめてみました。

かつては県内他市町村でもありましたが、何故か出かける気持ちになれないで居ます。こんな事を書くと実施者からは失礼なとお叱りを受けそうですが、踏ん切りが付けずにいる私でもあります。

毎年同じ事を書きますが、田んぼアートの催しはどこでもやれそうですしやって欲しいと思うのは素人の考えで、稲作農家の方からお聞きした話では、栽培品種の品質を守る意味からも安易には手を出せないのが実態とのことです。

大谷祥平選手と歌舞伎俳優の舞台装束の図柄

奥州市水沢区

昨年から、郷土奥州市出身の大谷祥平選手と歌舞伎俳優の舞台装束の図柄がメインになっています。

大谷選手は櫓南の田んぼ、歌舞伎図柄は西正面の広い田んぼがメインになっています。

平安絵巻の曲水の宴 平泉町長島地区

今年の図柄は、平安絵巻の曲水の宴であり白い稲を水の流れに例えて、三名の歌人達が歌を詠む様子が構成されています。  

宮沢賢治童話集からのもので、固い雪の表面を歩く「雪わたり」

石鳥谷町八幡地区

今年で第10回になるという宮沢賢治童話集からのもので、固い雪の表面を歩く「雪わたり」がテーマになっています。

子どもの頃の硬雪の表面を歩くことがテーマであり、踏みしめた雪の音を「キックキック」と表現されています。

   
                     ページの先頭に戻る →